横浜カイザース 対 東京ブルーフェザンツ

横浜カイザース、スリーランホームランで試合を決める!

【1回裏】
2者連続四死球を許し、ノーアウト1.2塁で先制点獲得のチャンスとなる。4番辻もデッドボールで出塁するが、5番中澤、6番鈴木を抑えた。

【3回裏】
先頭バッター石井フォアボールで出塁。2番首藤の打球がエラーとなり、送球間に2塁へ進塁。その後、2者連続フォアボールで押し出しとなり、先制点を獲得。

【4回表】
4番田中スリーベースヒットを放ち、チャンスを作る。ピッチャーの暴投により田中生還。同点に追いつく。6番海老塚フォアボールで塁に出ると、続く7番千種がヒットを打ち逆転の機会を作る。8番石川がスリーランホームランを放ち、走者一掃。この回に4点を獲得し、逆転する。

【5回裏】
最終回、2者連続フォアボールを許すもその後を抑え、4-1で勝利した。

【投手】
横浜カイザース 杉山→田中
東京ブルーフェザンツ 千葉→石井

Crimson Unite’s 対 Air brains

接戦を制したCrimson Unite’s

【1回表】
先頭バッター金城フォアボールで出塁。2盗に成功し、3塁へ進塁。3番辻のエラーの打球によって金城ホームイン。先制点を獲得。

【1回裏】
2番霜坂(翼)ヒットと4番岡部フォアボールで1.3塁のチャンスとなる。5番伊藤のタイムリーヒットで霜坂(翼)ホームイン。続く6番氏原のヒットで岡部が生還し、逆転する。

【3回表】
1番金城フォアボールで出塁。盗塁成功し、2塁へ進塁。2番松本のタイムリーヒットで金城ホームイン。

【5回表】
エラーとフォアボールによって1.3塁のチャンスとなる。2番松本のヒットで走者一掃し、2点を追加する。

【5回裏】
2者連続フォアボールで得点のチャンスがくる。6番氏原の打球がエラーとなり、その間にセカンドランナーが生還し、1点を返すもその後打線が繋がず、試合時間がきてしまい4-3でCrimson Unite’sが勝利した。

【投手】
Crimson Unite’s 金子→横田→辻
Air brains田古里→若林

横浜Bluetooth 対 横浜カイザース

横浜カイザース被安打1に抑え、見事勝利!

【3回裏】
9番山下フォアボールで出塁。1番飯野のスリーベースヒットで先制点を獲得。その後、フォアボールによって満塁のチャンスとなる。ここで5番海老塚のスリーベースヒットで走者一掃となり、この回に4点を得点する。

【4回裏】
先頭バッター青木のスリーベースヒットから始まる。8番野尻強襲ヒットで出塁。1番飯野のタイムリーヒットで青木ホームイン。暴投時に野尻も生還し、1点を追加する。

【5回表】
先頭バッター飯島ヒットで塁に出ると、 盗塁に成功。さらに送球エラーで3塁へ進塁。その後、打線が繋がらず0点で終わってしまう。

【投手】
横浜Bluetooth 直井→藤城
横浜カイザース→杉山

Werewolf 対 Sprout Stars

Sprout Starsは嶋田の6回無安打の快投で完勝

先発・嶋田はスライダーとツーシームの変化球を軸に見事な投球を披露した。特に今年覚えたツーシームは内外角のストライクゾーンを広げ、決め球に威力を発揮した。
エースの快投に打線も援護。3回、9番・小野塚、2番・大谷の四球で2死一、二塁。4番・金子の右前適時打で先制すると後続の5番・向後も右線適時二塁打を放ち、2点を加えた。さらに4回1死、7番・泉(昂)を二塁に置いて、小野塚が左越え適時三塁打。続く1番・泉(勇)の遊ゴロでこの回2点を奪い、勝利を収めた。
試合後、嶋田は「四死球が多かったのは反省点。中盤から理想通りの投球ができた」と炎天下での熱投で湧き出た汗を笑顔で拭った。
一方、敗れたWerewolfは6回、3番・小野田の死球を足場に敵失で一矢を報いたものの、打線に元気がなかった。下川監督は「チーム状態は阪神の今季開幕戦のようだ。何かキッカケを掴みたい」と腕を組んだ。

【投手】
小川→山崎(Werewolf)
嶋田   (Sprout Stars)

【優秀選手】
嶋田   (Sprout Stars)

ストリートボーイズ 対 SL狂球-kuruidama-

人数が揃わずSL狂球ーkuruidamaの不戦敗

東京ブルーフェザンツ 対 ロイヤルズ

ロイヤルズが若松のサヨナラ本塁打で試合を決めた

序盤、両チーム共に塁を埋めるも、あと一本が遠かった。ロイヤルズは3回、1番・小岡の四球、2番・吉村の右前打で無死一、三塁の好機をつくった。3番・青木の二ゴロは野選を誘い小岡が生還。続く4番・清水の併殺崩れの間にさらに1点を加えた。2点リードを許した東京ブルーフェザンツもすぐに反撃。4回、5番・辻(弘)、6番・辻(皐)が連続四球。無死一、二塁、7番・家前が左中間を破る適時三塁打を放ち、同点とした。
中盤は試合が動かず、時間切れで最終回となった6回。ロイヤルズの先発・長坂(侑)は三者凡退に抑え、味方打線の奮起を願った。先頭は7番・若松。2球目のストレートを捉え、打球は左越えに鮮やかな放物線を描く。サヨナラ・ランニングホームランだ。若松は歓喜に湧くナインの輪にとび込み、手荒い祝福を受けた。
ヒーローは「球種は憶えていないが、感触は完ぺき。一発を狙っていた。こういう場面での先頭は大好き」と誇らしげな表情を振りまいた。

Sprout Stars 対 日の出ダラーズ

デタラメスターズ 対 埼玉Gravitys

打線爆発!4回コールドで快勝!

 

先攻:デタラメスターズ 後攻:埼玉Gravitys

〈2回裏〉
関口のタイムリーツーベースで先制!
0-2

〈3回表〉
志戸田のツーランホームランで同点に追いつく!

〈3回裏〉
先頭土屋がヒットで出塁すると後続も続き、山口のタイムリーヒットで勝ち越す!
その後、関口の本日5打点目となるタイムリースリーベースや大田のホームランなどでこの回7点のビッグイニングとなる。
2-7

〈4回表〉
この回コールドを防ぐためにも何として点が欲しいデタラメスターズは先頭長島がデッドボールで出塁するも後続が倒れ、4回コールドとなった。

3回に打線が爆発した埼玉Gravitysがデタラメスターズを4回コールドで下し、勝利した。

【投手】
デタラメスターズ:伊勢
埼玉Gravitys:西野

和田町ヤンキース 対 ジョニー

ホームラン合計5本の空中戦!

 

先攻:和田町ヤンキース 後攻:ジョニー

〈2回裏〉
木下のヒットで先制!
竹内のスリーランホームランで差を広げる!
0-4

〈3回表〉
斉藤のツーランホームランで2点差とする。
2-4

〈3回裏〉
石屋のホームランと鬼沢、木下のタイムリーヒットでさらに差を広げる。
2-7

〈4回裏〉
石屋と下川辺のホームランで4回7点差となりコールドで試合終了。

圧倒的な打力でジョニーが2-9で勝利した。

【投手】
和田町ヤンキース:小野寺→栗栖
ジョニー:重泉

東京プロメテウス 対 横浜Bluetooth

両チーム譲れぬ試合

【2回裏】
6番伊東フォアボールで出塁。隙を見て、2塁へ進塁しチャンスを広げると、8番ヤーンのヒットで先制点を獲得。

【3回表】
1番徳野の打球がエラーとなり、2塁まで進塁。続く2番山田(大)のツーベースヒットで徳野が生還し、同点に追いつく。

【6回表】
エラーによって1アウト1.3塁のチャンスを作るが、打線が繋がらず無得点に終わる。

【6回裏】
2番吉川、送球エラーによって出塁するも、その後凡打に終わってしまい、試合時間がきてしまい、1-1の引き分けで試合終了した。

【投手】
東京プロメテウス 山田(大)→佐藤
横浜Bluetooth 直井